コンビニでのバイトを選ぶ意味やメリット3選


コンビニはそこらじゅうにあるから求人が多い

コンビニは地域による部分もありますが、至るところに存在しているもので、私たちにとってかなり身近な存在です。自宅から徒歩圏内に何軒もあるというケースも少なくないでしょうし、それだけコンビニのバイトは求人が多いということも言えると思いますね。つまり、応募する候補がたくさんあるということなのです。だから、1回では受からないかもしれないですけど、何度落ちても候補はいくらでもあると思うので、バイトの求人がとても多いコンビニは何度でも応募しやすいというメリットがあると思いますね。

コンビニのバイトは交通費がいらなくて採用確率が高い

コンビニというのは自分の家の近辺に多くあるケースが多いので、当然交通費を使わずにそこまで行けるということも多くあるでしょう。そうなると、お店側としてもそういう交通費がかからない人を雇うと、バイト1人に対するコストがよりかかりづらいと言えます。継続的に雇っていくという前提ならば、交通費がかかる人とかからない人では大きく違うので、交通費を必要としない人の方が、コストがかかりづらいという意味で有利になることもあると思いますね。コンビニでのバイトの場合には交通費がいらないという人は多くいると思うんですけど、中には電車とかでくる人もいますから、そういった人と比べたら採用確率は高いかもしれません。したがって、自宅から近い、交通費がいらないところにあるコンビニを受けると良いでしょう。

家が近い人は扱いやすく便利で採用確率が上がる

これも家が近いコンビニを受けた場合の話しですが、家が近いコンビニで働く人は交通費がかからないという点以外に、もう1つ別の理由で採用されやすくなります。それは家が近いコンビニで働いていると、他のバイトが急に来れなくなったようなときには、代わり出てくれるのではないか?という期待が生まれるということです。コンビニから家が遠い人の場合にはお店の方としても、そんな人に出てくれというのは悪いという気がしてしまうと思うのですが、家が近い人にはそういう気持ちになりづらいと思うのです。すなわち、コンビニは家が近い人が応募すれば、お店にとっては急な場合に便利な存在になりうるので採用したくなると言えるのではないでしょうか?家が遠い人と近い人ならば後者を採りたくなる部分もあると思いますよ。だからこそ、家の周りにいっぱいある可能性があるバイトのコンビニは応募するメリットがあるということになりますね。

コンビニのバイトは、初めてアルバイトをする人にオススメです。扱う商品は馴染み深く、お客さんもフレンドリーな人が多いためです。